高圧受配電盤 設計.com

設計者のための高圧配電盤のコストダウン、省スペース化、トラブル防止技術をまとめた技術情報サイト

高圧受配盤の技術相談室

TEL:0875-83-4100

お問い合わせ

碍子取付ネジを根付四角ボルトに変更

Before

一般的に、高圧配電盤の締結用の下穴を、丸穴形状にて設計すると、ネジ締めの際にネジ側とナット側の両側から固定して締結する必要があります。
作業所に工数が増えることになり、組立時間が増加、高圧配電盤の製作コストが増大してしまいます。

コストダウン事例

After

高圧配電盤の設計の際には、下穴を四角形にて設計し、根付四角ボルトを使用することで、片側のみからの作業が可能になります。組立に掛かる時間を短縮することが可能になり、製作コストダウンを実現することができます。

一般的に高圧配電盤の締結用の下穴は丸穴にて設計されますが、丸穴形状における締結の際はネジ側とナット側両方と固定して作業する必要があり、工数が増大します。
下穴を四角形にて設計士、根付四角ボルトを使用することで作業性を改善しコストダウンを実現できます。