高圧受配電盤 設計.com

設計者のための高圧配電盤のコストダウン、省スペース化、トラブル防止技術をまとめた技術情報サイト

高圧受配盤の技術相談室

TEL:0875-83-4100

お問い合わせ

(変圧器励磁突入電流抑制機能付LBS)採用

Before

一般的に高圧の配線を行う際は、機能上の制約と安全性のために、VCBとLBSを同時に配置することが一般的です。

コストダウン事例

After

従来型のLBSに変えて、変圧器励磁突入電流抑制機能付のLBSを採用することで、コストダウン、省スペース化を実現することが可能になります。

一般に高圧配電盤の設計を行う際は、安全のためにVCBとLBSを同時に配置しますが部品点数が増え、工事工数も増えてしまうためコストアップにつながってしまいます。
VCBとLBSの両方を用いる代わりに、変圧器励磁突入電流抑制機能付のLBS を使用することで、VCBを使用した際とほぼ同等の性能を得たままコストダウンが可能になります。