高圧受配電盤 設計.com

設計者のための高圧配電盤のコストダウン、省スペース化、トラブル防止技術をまとめた技術情報サイト

高圧受配盤の技術相談室

TEL:0875-83-4100

お問い合わせ

補助ユニットのスケルトンを溶接構造からリベット構造に変更

Before

溶接による接合は、溶接後が溶接 メッキむらとなって残りやすい

高圧配電盤の内臓部品について、溶接を行うと溶接部分にメッキむらが発生し易くなり、メッキを行った際に品質が安定しにくくなります。
特に見た目が重要となる、引き出し等部品の外装部分に発生してしまうと歩留まり悪化の要因となりコストアップの原因となります。

コストダウン事例

After

高圧配電盤の内臓部品については、強度が必要な部分以外の溶接を省略し、リベット構造に変更することでコストダウンと品質向上が実現できます。
リベット構造にすることで、溶接跡に発生していたメッキむらの発生を抑える事ができ、コストダウンに繋がります。

溶接加工を行った箇所は、メッキを行った際にメッキむらが発生しやすく、歩留まり悪化、コストアップの要因となります。
引き出しのような強度が必要のない部品は溶接による接合に代えて、リベットによる接合にすることでメッキむらの発生を防ぐことができ歩留まり向上、コストダウンに繋がります。