高圧受配電盤 設計.com

設計者のための高圧配電盤のコストダウン、省スペース化、トラブル防止技術をまとめた技術情報サイト

高圧受配盤の技術相談室

TEL:0875-83-4100

お問い合わせ

換気筒を溶接構造からリベット構造へ変更

Before

一般的に高圧配電盤を始めとした筐体は、溶接により各部分が接合されています。
しかし高圧配電盤における接合部をすべて溶接加工にて行うと、溶接加工の工数が掛かり、高圧配電盤の製作コストや納期を増大させる要因となってしまいます。

コストダウン事例

After

高圧配電盤の接合においては、溶接による接合の代わりにリベットによる締結を部分的に採用することで溶接が不要になります。
特に強度や密閉性が求められない筐体のカバー部分等はリベット締結による構造に変更することで、大幅なコストダウンが可能になります。

配電盤の各部分は一般的に溶接加工によって製作されていますが、溶接加工は加工工数が多いためにコスト増大につながってしまいます。
高強度、高コストの溶接加工が必要ない換気筒などの部品は溶接加工からリベットによる締結へと変更することでコストダウンを実現でき舞うます。