高圧受配電盤 設計.com

設計者のための高圧配電盤のコストダウン、省スペース化、トラブル防止技術をまとめた技術情報サイト

高圧受配盤の技術相談室

TEL:0875-83-4100

お問い合わせ

変圧器更新による省エネ効果及び設置スペース縮小化

Before

一般的に高圧配電盤と共に設置される変圧器( トランス)は、経年による機器構造の劣化がほとんど起こらないという特徴があります。
そのため高圧配電盤を備える電気室の多くで、30年以上変圧器( トランス) が交換なしに継続して使用されているケースがあります。

コストダウン事例

After

トランスを最新のものに変更することで省スペース化、省エネ化を実現

変圧器(トランス)は頻繁な交換を前提としたものではありませんが、効率や省スペース化のための製品改善等が常に進んでいます。
変圧器(トランス)を旧式のものから最新式のものに更新することにより、大幅な省スペース化、省エネルギー化を図ることが可能になります。

一般的に変圧器( トランス) は劣化しない機器構造となっているため、工場の中で何十年も継続して使用されているケースが多くなります。
しかし変圧器( トランス) の機器構造も改善が重ねられており、数十年前の変圧器(トランス)を最新のものに更新するだけで30~40%の省エネルギー化が可能になります。